女性探偵がDNA鑑定を解説いたします

DNA 親子鑑定

DNA鑑定…現在を受け付けておりません

DNA鑑定は、犯罪捜査や親子関係(親子鑑定)調査などで行なわれ、親子関係については生物学的血縁関係の有無を鑑定する事である。
母子関係は出産により事実が明らかなので、父子鑑定が中心に行われます。

よくある案件


◎結婚外で生まれた子が、父と思われる男性に認知を請求する場合。

◎妻が婚姻中(結婚後200日~離婚後300日)に懐胎した子は夫の子になります。
夫が妻の不貞を疑い、自分の子でないと訴えるケース

◎女性は前婚の解消・取り消しの日から6ヶ月以上経過しないと再婚が出来ません。
これに反して懐胎し、父を定められない時に裁判所が定める。

◎産婦人科での子の取り違いなど

◎強姦事件・胎児の父を捜査する場合。

筆跡

従来の親子鑑定では血液型により判定していたが、最近の親子鑑定ではDNA鑑定により、確率の高い判定結果が得られ、血液型よりも有効とされています。
検査方法は主に4つあり、唾液・毛髪・血液・体液からの検査が可能です。
又、特殊な検査に関してはお問合せ下さい。

浮気調査 お問い合わせ先
電話・メールで相談する
電話・メールで相談する