女性探偵が各種鑑定を解説いたします

大阪での筆跡鑑定

筆跡鑑定について

筆跡鑑定とは「遺言書の真偽確認」「誹謗中傷の手紙」「怪文書」などの筆跡と「怪しいと思われる人物」の筆跡との 照合や「遺言書」「契約書」など署名が本人の筆跡か、否かを鑑定したり、企業などで領収書や 伝票などの「数字の加筆」の識別など様々な用途で行なわれる事が多い鑑定方法です。

筆順

文字の順序は、文部科学省によってある一定の順序が定められています。

しかし、実際には必ずしも万人が手引きに従って同じ筆順で書かれている訳ではないので、個人別に見た場合、ほぼ同一筆順によって書き記されているならば文字毎に固有の特徴を示す事になります。


筆跡

字画構成

個々の文字毎に字画線の交叉する位置、角度など組み合わせられた字画線間に見られる関係性によって、個人癖の特徴を発見する事が出来ます。


筆勢

文字を書く場合「書の勢い」「速さ」「力加減」「滑らかさ」などの筆使いを筆勢と言います。
コンピュータなどを用い、これまで実験的データを基に客観的に判定される。


筆跡鑑定

筆圧

コンピューター解析による記載面に掛かった圧力を測定します。
筆圧が強く角張った文字を書く人は、一般的に頑固で粘着気質の傾向がある言われ、犯罪者や嫌がらせを行なう人間は筆圧が高い事が多いです。


筆跡には、様々な個人癖が見られ、たとえ他人が本人の字体に似せようと書いても、鑑定士たちは簡単に見破ってしまいます。
また、文字から書いた人間の性格がある程度想像出来たりと、鑑定士の技術次第では予期せぬ発見が得られる事もございます。

浮気調査 お問い合わせ先
電話・メールで相談する
電話・メールで相談する