女性探偵社が慰謝料請求を解説

慰謝料請求について

夫の浮気に対する慰謝料

慰謝料とは、自分が受けた精神的苦痛に対する損害賠償金の事をいいます。
もちろん、相手が「支払う」と言ってくれるのなら、たとえ1億円の慰謝料を請求しても良いのです。

ですが

「自分が傷つけられたので、出来るだけ高額な慰謝料を貰いたい・・・」
「傷つけたのは認めるが、新生活の為に慰謝料は出来るだけ小額で済ませたい・・・」

という思いがぶつかる以上、そう簡単に話がまとまる訳がありません。
慰謝料請求は財産分与と同時に請求する事が一般的である為、過去のデータから具体的な金額はわかりませんが、下記に示す項目は慰謝料算出に大きく関わるといわれています。

 ○ 婚姻期間
 ○ 夫の年齢
 ○ 夫の財力
 ○ 社会的地位
 ○ 精神的苦痛の度合い
 ○ 苦痛を受けた期間

により大きく変わってきます。

慰謝料の計算




その「慰謝料」ですが、一般的に100~1500万円の間と言われていますが、その中でも最も多いのが200~400万円程度です。

華やかな芸能人の離婚に比べれば少額ですが、相手が「弁護士」「医師」「会社経営者」「お寺の住職」「代議士」「資産家」「会社役員」など、高収入や社会的地位の高い場合には1000~3000万円といった高額な慰謝料を支払って貰える事が多いです。
ですが、大切なのは慰謝料の「額」ではなく、確実に支払ってもらえる金額を請求する事です。

慰謝料請求は、歴とした法律行為になりますので、不倫の慰謝料を請求する場合には、第三者が見ても「不倫の事実があった」と判断できる証拠を用意する事をお勧め致します。

離婚の際には「公正証書」を

また、夫婦間の話し合いで離婚を決める場合(協議離婚)には、話し合いで取り決めした事を公正証書などの書面に残しておく事をお勧めします。
「財産分与」「養育費」「子供の面接交渉権」など口約束では何の証拠も無い為、離婚後に約束を破られた場合に泣き寝入りになる恐れがあるからです。

書面には「離婚協議書」「合意書」などの題名を付け、話し合いで取り決めた内容を具体的に記入します。
そして同じものを2通作成し、双方が署名捺印し、お互いが1通ずつ保管しておきます。

また、財産分与などの「お金」の約束を確実に守らせたい場合には、取り決め事項を公正役場で「公正証書」にしてもらうと更に安心です
「公正証書」にした場合、仮に約束が守られなかった時には裁判を起こさなくても、「給料」や「預貯金」などの財産を差し押さえる事が可能になります。

公正証書とまでいかなくても、話し合いで取り決めした事は簡単な用紙でも構いませんので必ず書面に残しておく事が大切です。

当社では、離婚の際に「公正証書」を作成される事を強くお勧めいたします。

浮気調査 お問い合わせ先
電話・メールで相談する
電話・メールで相談する