女性探偵が裁判資料の収集を解説いたします

裁判の証拠収集

裁判の証拠収集について

近年、日本も欧米並に訴訟問題が多くなってきています。
裁判では弁護士に任せておけば全てしてくれる思っている方もおられますが、民事裁判などでは当事者が証拠を収集しておかなければなりません。

裁判は戦いの場です。
相手より有利に立つ為には「相手より多く、確実な証拠を集める」事が重要になってきます。
裁判では、相手が以前の証言を覆す事も多く、証拠も何も用意していなければ「裁判に負けに行く」と言っても過言ではありません。

また、確実な証拠は相手との「和解」など裁判の短縮にもつながり、結果的にご予算、時間の無駄を省けます。

裁判で多い案件

・夫婦間の離婚問題(慰謝料、親権など)
・嫌がらせ被害などの損害賠償請求
・不正社員を解雇したが、反対に不当解雇だと訴えられた
・交通事故での証人探し

裁判に発展する夫婦喧嘩

また、第三者が見ても「完璧な証拠」を揃えた場合には、相手方の弁護士も「裁判するだけ無駄」だと諦め、和解を提案してくる場合も少なくありません。
裁判等では、夫婦間の不倫問題とは比べ物にならないくらい「証拠」の重要になってきます。

浮気調査 お問い合わせ先
電話・メールで相談する
電話・メールで相談する