探偵業法を遵守する女性探偵社

探偵の法律「探偵業法」
女性のための調査機関

探偵業の業務の適正化に関する法律

探偵業法は「消費者」を保護する事を目的の法律です

平成19年6月1日「探偵業の業務の適正化に関する法律(以下、探偵業法と記す。)」が施行されました。
それまでは「誰でも」「いつでも」自分で名乗れば「探偵」になれましたが、現在では各都道府県公安委員会に届出が義務付けられるようになりました。
また欠格事由も設けられ、探偵業法に違反して5年以内の者、暴力団員や暴力団員でなくなってから5年経っていない者など、誰でもなれる職業ではなくなりました。

この法律は消費者保護に重点が置かれており、「契約方法」や「解約についての取り決め」など細かく決められています。
また、探偵業法に違反した者には「罰金」「営業停止命令」「営業廃止命令」などを各公安委員会が命じる事ができるようになり、悪徳業者が淘汰されていく事が期待されています。

 ・契約の内容を明らかにする書面(契約書)の交付
 ・重要事項説明書の交付(支払い金額、支払い時期、解約方法などを明記)
 ・依頼者に対する利用目的の確認書(調査目的が差別、ストーカーなどでは無い事を示す)

浮気調査 お問い合わせ先
電話・メールで相談する
電話・メールで相談する