探偵とあおり運転

あおり運転 事件

探偵とあおり運転の関係

ここ数年、ニュースでも取りざたされている「あおり運転」ですが、ここまで話題になっているにもかかわらず、あまり「あおり運転」絡みの報道は減っていないように感じますよね?
なんだったら、マスコミがわざわざ小さな「あおり運転の事件」ですら過剰に報道している様子すら窺えます。

個人的には、あおり運転の加害者が一方的に悪いとは思っておらず、被害者の方にも「何かあおり運転を引き起こす原因を作ったのでは?」と思わずにはいられません。

心底「頭のおかしい人間」が見境なく、あおり運転する事も考えられなくもないですが、やはり「原因」ってものがあるはずです。

あおり運転の原因

あおり運転の原因として、まず「相手の運転によって危険な目に遭わされた」っていうのがあると思います。

世の中には、実に「自分の運転がいかに周りに迷惑をかけているのか」わかっていない人間が多いこと。

  • 追い越し車線をいつまでも走る
  • 不自然なほどノロノロ走る
  • 無理な進路変更をして、後ろの車にブレーキを踏ませる
  • 頻繁にブレーキを踏む
  • 一定の速度で走らない
  • 車間距離が近い、無駄に広く空ける

など、内容によっては道路交通法に違反する事にもなりますし、短気の人間の前でやったら「逆上する」原因にもなりかねません。

ただでさえ「イラッとする運転」なのに、自分が急いでいる立場だったら「これらの行為」は、ついつい自らをあおり運転の加害者にさせてしまうかもしれません。

逆に言えば、これらの行為をしなければ、途端に煽り運転に遭うリスクが減るのではないかと個人的には思います。

あおり運転?

探偵があおり運転?

急いでいる時に「イラッとする運転」をされたら、誰だって攻撃的になるのかもしれません。

攻撃的な運転を「実行するかしないか」は、その人によるとは思いますが、探偵も急いでいる時はあります。

  • ターゲット車輌と距離が開き、距離を詰めたい時
  • 一刻を争う事態の時
  • ターゲットよりも先回りしたい時

等、調査中に急がなければならない時があります。(もちろん法定速度内で)

私も現役時代、そんな時は「すいません、もうちょっと速く走るか、どいてもらえませんかね~」って感じの運転をする事もありました。

もちろん「オラオラ!どけよ!!邪魔だ!!!」って蛇行して、クラクションを鬼のように鳴らすような事はしませんよ。

トラブルになっちゃうと、逆に時間がかかってしまうので、地味に「速く行ってよ」アピールはしていました。
まぁそういう人って、たいがいミラーを見てなかったりするんですがね…
そういう場合は「必殺技」を使います。(書けませんが)

以上、その後ろのあおり運転「探偵かもよ」ってお話でした。