探偵になるには

2019年10月18日

探偵になる方法

ただ単に「探偵」と名乗りたいなら簡単です

別ページでも述べていますが、探偵は誰にでもなれます。
最寄りの警察署(公安委員会)に届出を提出して受理されれば、その日からあなたは「探偵」なのです。
(大阪府内で探偵業を営む場合は、大阪府に届け出る必要があります。)

それほど、日本で探偵になるのは簡単なのです。

探偵として働くには?

ただの「自称探偵」ではなく、ちゃんと探偵として仕事がしたいなら、最初はどこかの探偵事務所で経験を積まれる事をおすすめいたします。

探偵学校を開かれている探偵事務所が「うちの探偵学校を卒業したら、採用について検討します。」なんてところもありますが、個人的には「体験に勝るものはない」と思います。

たしかに探偵学校では「実際に尾行を行なう」授業もありますが、あくまで授業です。
見失っても「事の重大さ」というものまでは学べません。
私は、「未経験のまま探偵事務所に入社する」事をおすすめいたします

「お金はあるから、まずは探偵学校に入りたって勉強したい」

と言うなら止めません。
探偵になる方法は人それぞれです。
 

探偵尾行

新人探偵に必要なのは「経験」

探偵学校を卒業したからといって、いきなり1人で調査に派遣される事は、まともな探偵事務所ならまずないでしょう。
まずは、先輩探偵に同行して調査を体験していくわけですが、授業と実際の調査では空気が違います

ましてや、横では先輩探偵が「真剣に本物の調査」をしているわけですから参考にならないわけが無いでしょう。

授業中は「先生」や「その辺の人」を尾行する事を指示されるのですが、たとえ見失っても「大事」にはなりません。
本人が真剣に尾行に取り組んでいても、やはり「授業だから」という甘えは誰にだって出るものです。
たとえ見失ってしまっても、せいぜい「〇〇くん、どうして見失ったのか考えてみよう」で済みます。

ですが、実際の調査で見失えば、先輩探偵に叱られたり、現在ターゲットのいる場所まで「無様な気持ち」でトボトボと向かわなければなりません。

あまり良くない事ですが、「ターゲットに気付かれる」という事は実際の調査でしか経験できません。
(まぁ、バレないのが1番良いのですがね…)

ですので、探偵への近道は「まず探偵事務所に入って、経験を積むこと」だと個人的には思います。
同い年でも、専門卒で入った子より高卒で入った子の方が経験がついているでしょ?ふつうは。

まぁ色々言いましたが、大切なのは「ヤル気」です。
もう一つ経験者としてアドバイスできるなら、

探偵の尾行調査は大変です、疲れます。

以上です。