探偵と事件 ー 探偵の起こした不祥事

2019年10月18日

探偵が逮捕

探偵だって人間

探偵も人間ですので、「酔っ払って喧嘩した」や「交通事故を起こして他人をケガをさせた」というのは書きません。
ここでは「探偵として」関わった事件、不祥事をご紹介したいと思います。

 

ストーカー犯に被害者の住所を調べて報告

時々、ニュースで目にしますよね?ストーカーが被害者を殺してしまう事件。

後々、ストーカーが探偵事務所に「被害者の引っ越し先の住所の調査を依頼をしていた」事が判明して大問題になる事がよくあります。

今現在は「探偵業の業務の適正化に関する法律」という法律がありますので、契約の際は依頼者に「違法な依頼目的ではない」と旨の署名を貰うことになっていますので、実際に事件が起こっても「いや、違法な依頼ではないとサインを貰った」と探偵側が言えば、以前よりは責められないと思います。

ですが、中には見るからに怪しい「依頼者」がいるのも事実で、そういった人間からの調査依頼は断るべきではないかと個人的には思います。

 

個人情報で商売

みなさんの中には

探偵なら何だって調べられる

と勘違いされている方もいるでしょう。
そんな「期待に応えなくてわ!」で依頼を受けているかどうかは知りませんが、

  • 携帯電話番号から契約者名と住所を調べる
  • 住所から結婚しているかどうか知りたい
  • 住所から住んでいる人の氏名が知りたい

など、個人情報の調査依頼を受けている探偵事務所も少なくはありません。
いかにも探偵事務所っぽい仕事ではありますが、所謂「データ調査」と呼ばれる類の調査は全て違法です。

時々、探偵に情報を漏らしていた「警察官」や「弁護士」、「携帯電話ショップの職員」が捕まっていますよね?

弁護士や司法書士、行政書士は「対象の人物」の個人情報を得る事は許されていますが、もちろん探偵は許されていません。

弁護士も人間ですから「数万円貰えるなら…」と悪徳探偵の口車に乗せられて、そういったを漏洩させてしまうのでしょう。

 

別れさせ業者がターゲットと恋愛関係になり、依頼者を殺人。

別れさせ屋が探偵業に入るかどうかは分かりませんが、別れさせ屋が起こすトラブルに探偵の業界団体も手を焼いています。
別れさせ屋関連でよくあるトラブルは

  • お金を貰っても、ろくな別れさせ工作をしない
  • もう少しお金を掛ければ成功すると言い、依頼者からどんどんお金を引き出す
  • ターゲットと恋愛関係になってしまい、依頼者に諦めるように脅す

「別れさせ屋トラブルは、依頼者も動機が不純である事が多いため、訴訟では救済されにくい。」と言われています。