調査力の見極め方|探偵の選び方9

2019年10月18日

探偵の調査力

探偵の調査力は、どこも同じなのか?

調査方針に違いはあれど、ある程度長く営業している探偵事務所は「ある程度の調査力」を持っている事は間違いないでしょう。

しかし、長く探偵業を営んでいるからといって、調査力が優れているとは限りません。

結構、探偵業界は人の入れ替わりが激しい

業界なのです。

一探偵、一営業スタッフが、「日々の売り上げ」を見ていると、「自分も独立したら、そこそこいけんじゃね?」と思って独立する事が多く、ノウハウだけ吸収して早々に独立していく人も珍しくはありません。

だから、以前に良い証拠を撮ってもらったので、数か月後に同じ探偵事務所に依頼しても「当時、良い証拠を撮ってくれた探偵」は移籍もしくは独立して居ない可能性もあるのです。

探偵の調査力を見極めるのは難しい

もちろん、A社とB社の調査力を比べる事は可能ですが、それには両方に調査依頼する事が前提です。

何だよ!依頼する前にわからないのかよ!?

そう思われるかもしれませんが、なかなか依頼前に調査力を判断するのは難しいものです。
探偵事務所によっては「調査報告書のサンプル」なるものを掲載しているところもありますが、あんなの作ろうと思えばいくらでも作れますので。

「最新の機材を使っています」という探偵事務所は?

もちろん、最新の機材を導入するのは悪いことではありませんが、個人的にはあくまで「宣伝文句に過ぎない」と感じます。
もちろん、「意識は高いな」とは思いますよ。

 

大手探偵事務所の下請けをする中堅、弱小探偵事務所

どの業界でもそうですが、人件費というのは馬鹿にできない経費です。

探偵事務所の中には、自社で探偵調査員を抱えず、依頼を受けた後は「調査は丸投げ」みたいな業者も存在しています。
もし、A探偵事務所がそういった営業形態を取り、調査を下請けのB探偵事務所に調査を依頼していたら、その2社の調査力は同じになりますよね?

だって同じ人が調査に行くわけですから調査力は単純に同じです。