悪徳探偵1|嘘をつく探偵事務所

2019年10月18日

悪徳探偵

虚偽の報告をする悪徳探偵事務所

調査依頼をして、本当の調査結果を報告しない探偵事務所が存在している事をご存知でしょうか?

  • 浮気相手と接触してラブホテルへ行ったのに、同僚と飲み歩いていると嘘の報告をする
  • 会社から出てきたのに、まだ会社から出てこないと嘘をつく
  • 3名の探偵で調査する契約なのに、実際には現場に1名の探偵しか来ていない
  • ターゲットはまっすぐ帰宅したのに、まだ帰宅せず移動していると嘘の報告をする
  • ターゲットを見失っているのに、尾行中であると嘘をつく

など、これらは探偵事務所がよくつく嘘です。

決まって言えるのは、こういった場合「映像」や「写真」がない事です。

だって、見失っていればターゲットを撮影のしようがありませんし、ターゲットが浮気相手とラブホテルに入っているのに同僚と飲み歩いている映像を撮る事は不可能です。

言い訳としては、「問題の無い行動なので、撮影していません。」です。

なぜ、探偵は嘘をつくのか?

大きく分けて「自社のミスを隠すため」、「調査日数や調査時間を長引かせるため」だと言えます。

たとえば、調査1日目で浮気の証拠が撮れてしまったらどうでしょうか?
お客さんにとっては「良かった!」や「ラッキー!」ってのが正直な感想ではないでしょうか。

でも、それでは「金儲けにはならない」と考える探偵事務所が存在しているのです。

では、どうすればいいのか?

やはり大切なのは契約時

浮気調査を依頼して、「旦那さんが同僚と居酒屋で食事をしている」映像や写真は全く役には立たないものですが、探偵とトラブルを防ぐにはこういった「ターゲットの起こした行動」は逐一撮影してもらえるかどうか確認しておいた方がいいでしょう。

そういった約束をしたにもかかわらず、途中からパタッと映像が途切れるような事があれば、調査中に「何かあった」と考えるべきではないかと思います。

もし、そういった調査報告書を受け取ったなら、なぜそうなったか徹底的に説明してもらいましょう。