探偵と張り込み

2019年10月18日

探偵の調査力

探偵はどこで張り込んでいるのか?

あくまで、探偵は目立ってはいけません。

もちろん、尾行中も張り込み中も同様です。
閑静な住宅地や細い路地などぶつりてきに張り込みができない場所は除いて、探偵はターゲットが建物内から出てくるところが確認できる位置で張り込みます。

 

ターゲットの自宅前のマンションに部屋借りたりして張り込むんでしょ?

なんて仰るお客さんも居ましたが

「その家賃、誰が払うんだよ!?」

とも言えず、

「ハハハハ、そういった場合もありますが、今回はそういうのは無しですね…」で済ませます。

企業案件は、結構部屋を借りてくれることが多い

経験上、個人のお客さんは調査自体を簡単に考えている方が多く、反対に企業のお客さんは「絶対に失敗は許されない」という気持ちが強く、比較的こちらの要望を受け入れてくれます。

もちろん、道端で張り込んでるより、マンションの一室で張り込む方が楽ですから

これは何も「探偵が楽をするため」だけではありません。
ターゲットの警戒心を極力抑える事もでき、調査自体スムーズに進む場合が多いからです。

また、その他では住宅街にある月極駐車場を1カ月だけ借りたりする事もよくやります。