インターネットでの探偵の選び方

2019年10月18日

インターネットで探偵を探す

人によって探偵の選び方は違うのか?

みなさん、もし自分に探偵が必要になった時、どうやって探しますか?
結論から言うと、今の時代なら「インターネット」一択と言ってもいいのではないでしょうか。

探偵に限らず、ほとんどの現代人は「Google」や「Yahoo!」などの検索サイトから自分に必要な情報を探しています。
そう、「探偵 横浜」や「浮気調査 安い」など、出来るだけ自分の条件に合ったキーワードを入れて。

調べてみると分かるとは思いますが、実に多くの探偵のサイトが検索結果に表示される事に驚かれるのではないでしょうか。

探偵の検索結果

日本で探偵業の届出件数は5,000件以上

あなたがお住まいの地域の探偵は、もう少し件数は少ないとは思いますが、それでも探偵を選び出す作業というのは結構骨が折れる作業だと思います。
ましてや、毎日違う探偵事務所に話を聞きに行っていては、いったい依頼する日はいつになるのやら…って感じではないでしょうか。

Googleの検索結果から見えてくる探偵の探し方とは

Googleとは、検索する「お客さん(あなた)」が「少ない作業」で「探しているサイトに出会う」事に重点を置いています。

つまり、あなたが自分の探し物を探すに何ページも検索結果をめくり、何十のサイトを訪れても「自分の求めるサイトに出会えない」となったら、「Google=使えないサービス」と結論付けてしまいますよね?

だから、Googleさんは「いい加減なサイト」や「お客さんの為にはならないサイト」を上位に表示させるわけにはいかないのです。

ですから、最近の検索結果は昔のように「適当に作ったサイト」が上位に表示されることは非常に少なくなっていると思います。

もちろん、中には「上位に表示させるために作られた中身のないサイト」もありますが、上位に表示されるものはソコソコ「お客さんのためになるサイト」が表示されていると思います。

探偵スポンサーサイト

広告のサイトと検索結果のサイト、どっちがいい?

検索結果見て気付かれると思いますが、検索結果の更に上には「スポンサーサイト」と呼ばれる広告が表示される事が多いと思います。

結論から言うと、スポンサーサイトだからといって「検索結果に表示されるサイトより優れている」というわけではありません。
ただ単に「お金を支払って、検索結果より上に表示させてもらっている」というだけで、検索結果に表示される探偵よりも「信用できる」「安い」「サービスが優れている」という事は一切ありません。
一つだけ確実な事な言うなら

広告費を支払っている以上、その他の探偵よりは調査費用が高くなる可能性が高いです

中には、企業努力で検索結果に表示される探偵と遜色のない調査費用で依頼できる探偵さんもいらっしゃいますが、多くは「調査費用に広告費がプラス」される思って間違いないと思います。

だって、探偵業界では「広告が1クリックされるだけで1万円」かかるキーワードも珍しくないからです。
1クリックでお客さんが来るとは限らないので、おのずと調査費用にどれだけ広告費がプラスされるかある程度想像は付きますよね?

※この記事は個人の感想であり、スポンサーサイト掲載の探偵事務所を批判する内容ではありません。