探偵と浮気調査

探偵といえば浮気調査?

一般の方もそう思われている方は少なくないのではないでしょうか。

事実、浮気調査は探偵にとって重要な調査になります。
「探偵業の業務適正化に関する法律」が出来てしまった現代の探偵業界では、結構できる調査が限られています。

その中でも堂々と出来るのが「浮気調査にぐらいしかなくなってしまった」というのが正確かもしれません。
(もちろん、ターゲットにバレちゃダメですが…)

 

浮気調査とは、不貞行為の証拠収集

探偵に頼んでまで不貞の証拠が欲しいのですから、お客さんは生半可な理由ではなく、真剣に「不貞行為の証拠」を必要としています。

多くは、「慰謝料の請求」や「有利に離婚するため」などが理由です。

不貞行為の証拠も

飲み屋のオネーチャンと2人でご飯食べてました

では、到底慰謝料なんて請求できません。
まぁ請求自体は出来たとしても、もちろん認められません。

これには、法律で決められた不貞行為の証拠を用意する必要があるのです。

よく言われていますよね

「ラブホテルへの出入り」や「浮気相手の家に泊まる」場面の写真や映像が代表的な浮気の証拠といわれています

慰謝料請求で「ピン」ときた人もいるとは思いますが、浮気調査にはもう一つ大切な目的があります。

浮気相手の特定

探偵イメージ

たとえば、不貞の証拠が取れたとして、それをお客さんに報告した場合、

その浮気相手が「どこの?」「誰?」っていうのが気になります。

そう、ただ証拠を撮影しただけでは、旦那さんに慰謝料を請求できても、憎き浮気相手にまで慰謝料は請求はできません。

だって、請求する相手が誰なのか分からないと、例え優秀な弁護士の先生でも慰謝料を請求するのは無理です。

そう

浮気調査のもう一つの目的は、浮気相手の素性を判明させること

慰謝料請求も「どこの?」「誰か?」まで判明させて、初めて請求出来ることを覚えておいてください。

探偵にとって大切な調査、浮気調査。
「不貞行為の証拠撮影」と「浮気相手の割り出し」2つの大きな目的です。

業界の人間も認めていた2大探偵事務所