結局、浮気調査してまで証拠を得るべきか?

2019年10月18日

浮気調査する探偵

浮気調査で得られるもの

旦那さんが浮気しているから調査を依頼しよう

これは確かに間違ってはいないと思います。
ですが、大切なのは「あなたの心」です。
まずは「あなた」が旦那さんと離婚を望んでいるのか?望まないのか?が重要になってきます。

そもそも「あなた」に離婚の意思がないのに、分厚い調査報告書を見せ、「あなた浮気してたのでしょ?」と言われれば、旦那さんはどう思うでしょうか?

こいつ、ここまでするのか…

と、ちょっとした恐怖を感じるかもしれません。
その行動を「あなた」が平然をやってのけたなら、さらにそう思うでしょう。

ですから、離婚の意思がないのに浮気調査を依頼し、不貞の証拠を旦那さんに見せてしまうと、あなたにその意思がなくとも元の結婚生活に戻れなくなってしまう恐れがあるのです。

もし、浮気調査を依頼しようと思った場合、ご自身の離婚の意思の有無、証拠が撮れた後の事もある程度考えておいた方が良いです。

 

離婚届

浮気調査を依頼した方がいい人

浮気する奴は無理、慰謝料を請求して離婚よ

そういった方は、証拠を用意して離婚に踏み切る方が賢明です。

人生には限りがあります。
毎日、旦那さんの浮気にモヤモヤした心で過ごしていては、精神が病んでいくのは目に見えています。

お子さんも居なければ、あまり無理して浮気っぽい男性と結婚生活を続けていく事は時間の無駄ではないでしょうか?

慰謝料は証拠が無いと請求できません。
確固たる不貞の証拠を用意しましょう。

旦那の浮気に悩む女性

浮気相手と別れさせたい

調査報告書を旦那さんには一切見せず、浮気相手との交渉に使います。
不貞の証拠があり、浮気相手の名前、住所が判明しているのであれば、あなたには慰謝料を請求する権利が生まれます。

浮気相手への慰謝料請求は、だいたい50~100万円だと言われています。
確かに100万円あれば「あれも買えるな~」なんて思うかもしれませんが、その権利を放棄するのも一つの選択肢です。

慰謝料を請求しない代わりに、主人と会うのはやめなさい!

と通告するのです。
そこまで真剣に旦那さんと不倫していなければ、だいたいの浮気相手は去っていきます。
もちろん、「旦那には、この事は一切言わない」という文面も入れておく方がいいです。
普通の人なら、100万円払ってまで、未来に不安の不倫関係を続ける方は少ないでしょう。

 

真実が知りたい

そこまで旦那さんが怪しい行動を取っているわけでもないのに、ちょっとした事で浮気を疑いだす人は少なくありません。

別に朝帰りするわけでもないし、口紅付けて帰ってくるわけでもないのに、何となく腑に落ちない時がある…
やがて、その気持ちは次第に大きくなっていくものです。

酷い人になると、それせいで食事が喉を通らなくなってしまったり、眠れなくなってしまうそうです。

体調を崩してしまうまで、旦那さんが気になってしまうのなら浮気調査した方がいいかもしれません。
人間、思い過ごしってものがありますから、もしその気になる日に旦那さんの言う通りの行動をされるのでしたら、ご自身が思い過ごしだったで済むのではないでしょうか?
思い過ごしってものは誰にだってあるのですから…

でも、万が一、旦那さんが本当に浮気していた時の事も考えておいてくださいね。