大手探偵事務所の条件|元探偵が思う大手探偵興信所とは?

大手の探偵事務所とは探偵の裏話

探偵興信所の大手とは

探偵業界には「自称大手」がいっぱい?

そもそも「大手」ってどんな規模なんでしょうか?

普通の業界なら

  • 「 東証一部上場 」
  • 「従業員数が1000人以上」
  • 「誰もが会社名を知っている」

などが一般的ですよね?
これを達成している探偵事務所は日本に存在しているのでしょうか?

間違いなく、ありません。

 

大手探偵事務所の条件1(個人の願望)

もちろん、大手探偵事務所と名乗るからには、

ある程度の支社はあった方がいいですよね?

「各都道府県に支社があってこそ大手探偵興信所だろ!」とまでは申しません。
各地方にあれば、探偵興信所としては成功している部類に入るのではないでしょうか。

さらに、私ならもう一つ条件を加えたいです。

支社と言うなら、「事務所を借りている」だけじゃなく、そこで営業活動をしていて欲しいですよね?

探偵事務所の中には、事務所だけ借りておいて、普段は誰もおらずお客さんが来社する時だけ本社から相談員が飛んでくる探偵事務所もあります。

〇〇支社と明記するなら、そこにスタッフを常駐するぐらいはしてほしいですね。

 

大手探偵事務所の条件2(個人の願望)

大手って言うなら、やはり従業員は最低でも100人ぐらいは居てほしいですよね?

もし私が探偵事務所の経営者なら「従業員が20人程度」しか居ないなら「大手」なんて間違ってもHPに載せないと思います。

だって、恥ずかしいですよね?

しかし、探偵業界は何でもありの業界なんで、もしかするとあるかもしれませんね。

 

大手探偵事務所の条件3(個人の願望)

探偵業界に詳しくなくても、その探偵事務所の名前を聞いたことがある。

ここで初めて探偵事務所の名前を出しますが(伏字ですが、わかると思います)

「〇ル・エージェンシー」

は、私が探偵業界に入る前から聞いたことがありました。
超有名なフランチャイズ探偵事務所の代表格ですよね?

この探偵事務所が「大手」に当たるかどうかは別として、私が探偵業界に興味を持つ前から名前だけは知っていました。

悪い意味で有名なのは問題ですが、探偵業界に詳しくなくても「その名前聞いたことがある」ってのは、ある程度その「探偵事務所が一生懸命宣伝してきた結果なのでは?」と個人的には思います。