探偵と天候|調査は天気によって成否が左右されるのか?

スポンサーリンク
探偵と天気探偵の裏話
スポンサーリンク

探偵と天気の関係

雨の日の出勤って嫌ですよね?

探偵も同様です。雨の日の調査は探偵だって憂鬱だったります。

スポンサーリンク

探偵と天候

そもそも探偵の調査と天気は関係があるのでしょうか?

もちろん、天候や時間帯によって「調査のしやすさ」は変わってきます。

本当に気を付けないと天候によって調査が失敗してしまう事だって十分にあり得ます。

 

天気によるメリットとデメリット

調査が「雨の日」

皆さん「雨に濡れぬよう」早く目的に急いだり、自宅や会社に戻りたいですよね?

結果、あまり周りの状況を意識したりする事は「晴れの日」に比べれば少なくなります。

そう、「張り込みはしやすくなる」メリットはあります。

反対に、こちらがターゲットを確認する際、「傘」のせいで顔を確認しづらいデメリットも存在します。
もちろん、撮影するチャンスも晴れの日に比べれば少なくなってしまいます。

正直、探偵自身も「雨の日の調査は嫌だ!」って人が大半だと思います。

調査が「晴れの日」

探偵は「ドラキュラ」にように陽の光を嫌う人が少なくありません。

そう、光が当たることによって自分の顔が相手から確認しやすくなったり、カメラのレンズに光が反射することだっとあります。

あとは屋外で張り込むなら「日焼け」に注意ですね。
若いころは気にならなかった日焼けが、中年になってくると色々な形で体を蝕んできます。

この辺りもありきたりですが、車内で張り込むなら

  • 冬ならポカポカして居眠り注意
  • 真夏なら熱中症に注意

って感じでしょうか。

まぁ、晴れの日の調査が通常時、雨の日の調査は「ちょっと気をつけないとな」って感じでしょうか。

時間帯によるメリットとデメリット

時間帯により調査の注意点

天候以外に調査する時間帯によってはどうでしょうか。

深夜、早朝は人通りが少ないですよね?

そういった時間帯の徒歩尾行は十分可能ですが、やはり日中に比べればかなり気を使いますね。特に足音が響きます。

また、夜の車尾行は楽ちんですね。

バックミラー越しに「車種を特定」するには難しいと思いますし、ヘッドライトの形だけで「同じ車がついてくる」なんて思う方は皆無でしょう。

雨の降っている夜なら「どこまでも追いかけてやるぜ」って感じで探偵が無敵状態になります。もちろん気分的にですが。

以上

探偵と天気について記事にしてみてみました。