探偵にとっての浮気調査とは?|浮気調査ができるようになれば一人前の探偵になるのか | 探偵・興信所の選び方|20年の経験を持つ元探偵ならではの選び方とは

探偵にとっての「浮気調査」とは?|探偵にとって浮気調査は難易度の高い調査か?

スポンサーリンク
浮気調査する探偵探偵の裏話
スポンサーリンク
スポンサーリンク

浮気調査は「探偵事務所にとって生命線?」

一般の方ですら「探偵=浮気調査」というイメージを持っている通り

ほぼ、すべての探偵社や興信所で

「浮気調査」は、業務の中でも多くの割合を占める調査

だと思います。
浮気調査専門の探偵」だったら、それこそ全ての業務が浮気や不倫関連の調査になるでしょう。

そして、浮気調査の依頼件数が減少する事は、探偵社や興信所の売り上げ減少にも直結するのです。

ご存知かもしれませんが

探偵業務には、他にも「家出人の捜索」「素行調査」「結婚調査」「盗聴器調査」「身辺調査」など多くの調査項目があります。

ですが

7~8割の調査依頼が浮気調査なのではないでしょうか

単純に「家出する人」よりも「不倫している人」の方が多いという部分もありますが、やはり「探偵=浮気調査」というイメージも関係しているのでは個人的には思います。

家族が家出したのなら、探偵よりもまず警察ですよね?

探偵にとって「浮気調査」は難しい?簡単?

調査能力の高さとは

探偵にとって、そんな浮気調査は探偵業務の中で、どの程度の難易度なのでしょうか?

はっきり言って

浮気調査は、探偵の基本中の基本。

おそらく、新人探偵が初めて経験する調査も浮気調査だと思います。

浮気調査は、探偵に基本である「尾行」と「張り込み」が磨くにはうってつけ調査なのです。
ですが「尾行」と「張り込み」が一人で出来るようになったからといって、

探偵として一人前か?と言われれば微妙なところです

浮気調査の依頼が多いからといって、さすがに毎日毎日浮気調査してたら飽きてきますよ。
ましてや、毎日同じターゲットを尾行していれば更に飽き飽きですね…

たしかに「バシッ」と証拠撮影ができた時は、それなりに達成感が味わえますが、ターゲットが真っ直ぐ帰宅しようものなら「つまらない」としか言いようがない調査となります。

じゃあ

浮気調査を卒業した探偵がする業務は?

そもそもベテラン探偵になったからといって、完全に浮気調査に行かなくなるわけではありません。

私個人の話になりますが

  • ターゲットの出張先での調査
  • 警戒心の高いターゲットの調査
  • 複雑な調査

のような浮気調査には駆り出されることが多く、「完全に卒業する」という事はなかったです。

浮気調査に行く機会は減っても、「ここぞ」って時や比較的な難易度の高い調査を任される事は多かったですね。

そんな浮気調査が無い場合は

  • 結婚調査絡みの聞き込み
  • 素行調査
  • 家出調査
  • 証拠収集調査

などが一般的な探偵業務でしたね。

ですから、「毎日毎日」浮気調査しているのは、比較的経験の浅い探偵が多いのではないでしょうか。(もちろん、探偵社や興信所によって違いはあると思いますが…)

探偵にとっての浮気調査は、あくまで「通過点」

尾行や張り込み、撮影以外に、探偵業務では身につけなければならないスキルは結構あったりします。

タイトルとURLをコピーしました