探偵の給料明細|探偵はいくら給料を貰っている? | 探偵・興信所の選び方|20年の経験を持つ元探偵ならではの選び方とは

探偵の給料は|探偵はいくら貰ってる?

スポンサーリンク
探偵の給料探偵の裏話
スポンサーリンク
スポンサーリンク

探偵はいくら貰っている?

ここに興味がある方も多いのではないでしょうか。

現役時代も「お給料いいんでしょ?」的な質問?嫌味?を何度もされたことがありましたが、やはり

元々、探偵興信所への依頼料が高いから、

きっと探偵もいい給料をもらっているはずだ…

って結論に至るんだと思います…

そんなイメージを真に受けて、この業界に入ってくる方も少なくありませんが、現実はそんなに甘くはありません。

探偵業界内では、そこそこ高い給料を貰っている凄腕の先輩探偵もいらっしゃいましたが、「時給1,000円程度の探偵」が存在している事も知っておいてほしい現実ですね。

ふつう

1日の依頼料が10万なら、探偵の日当は2万ぐらい貰える

と思うでしょ?
あながち間違いであはありません。

しかし、それには「ある程度の仕事ができる」が条件になります。

お客さんだって「すぐにターゲット見失う」「ろくに証拠撮影も出来ない」ような探偵社や興信所にはお金を払いたがらないでしょ?

それは、もちろん探偵社や興信所の経営者だって同じです。
仕事のできない「ポンコツ探偵には1円も払いたくない」ってのが正直な気持ちだと思います。

探偵の仕事は、ある程度「経験」と「センス」が必要になってきますので、この業界に入って3年未満の探偵は、せいぜい時給に換算して「1,000~2,000円」程度の給料が多いのではと思います。

新人探偵なら、もっと安い時給で働いている子もいました

もし時給2000円に魅力を感じられたなら一度探偵を志されてはいかがでしょうか?

楽な調査を10時間して2万円なら嬉しいですが、キツい調査を10時間して「こんなに苦労して2万円か…」って思う時もあります。まぁ普通の仕事と一緒ですね。

安定して調査を行なえて、誰もが唸る撮影がほぼ毎回出来るのであれば、時給3,000円だって4,000円だって夢ではありませんし、

他の探偵事務所から「名指しで下請けの調査依頼」が来る事だって珍しくありません

そう、業界内で「神様のような存在」になれば、内外から引く手あまた、給料もかなりの額貰えることは間違いありません。

反対に「特筆するようなものもない」ような平凡な探偵がいい給料を貰おうと思うなら

長く辛い調査を休みなくこなす必要があります。

探偵の時給4,000円って高くない?

調査能力の高さとは

単純に「時給4,000円」って聞くと高いと思われるでしょ?

1時間に「4~5,000円」なんて時給を貰えるなんて「ホステス」とか「風俗嬢」辺りのお仕事を想像する方も少なくないでしょう。

でも考えてみて下さい。
真夏の炎天下、真冬の冷たい突風が吹く中、ある一点を集中して見ておかなければならないような仕事です。

食事だってまともに取れない日だって珍しくはありませんし、繁忙期で人が足りなければ2時間程度の仮眠で次の現場に出発する事だってあります。

また、お正月やお盆でも仕事が入れば、

「友人や家族との約束を断って調査に出向く」なんて事も珍しくはありません

どうでしょう、あなたに出来ますか?
特に最近の若い子には、なかなか難しいのではないでしょうか。

もし出来そうなら、探偵事務所の門を叩いてみてください。
そして、がむしゃらに頑張ってみてください。

この業界は「センス」と「やる気」があって、コンスタントに結果を出せれば、おのずと評価され給料も上がっていきます

でも、

「一生できるような仕事ではない」と個人的には思っていますがね…

 

 

タイトルとURLをコピーしました