もし探偵に騙されたら|警察?弁護士?国民生活センター? | 探偵・興信所の選び方|20年の経験を持つ元探偵ならではの選び方とは

探偵に騙されたらどうする?警察?弁護士?消費者センター?

スポンサーリンク
怖そうな探偵悪徳探偵
スポンサーリンク
スポンサーリンク

もし探偵に騙されてしまったらどうする??

フィクションの探偵は「かっこいい」や「あこがれる」なんて意見を聞きますが、リアルな探偵と聞けば「怪しい」「怖い」「高い」と途端に180度イメージが変わってしまったりしますよね?

もちろん、実際に探偵とお客さんのトラブルは少なくなく

  • お金を払ったのに、調査してくれない
  • お金を払った途端、連絡が取れなくなった
  • 「旦那の浮気を周りに言いふらすぞ!」と脅された
  • 探偵と名乗る男にお金を騙し取られた
  • 報告の時に、契約書にない高額な請求を受けた

って話はよく耳にしていましたし、探偵を辞めた後も元同僚から「あそこ、またトラブル起こした」なんて話を聞きます。

では、もしも探偵に騙されてしまったらどうしたらいいのでしょうか?

まずは

迷わず最寄りの警察に被害を届け出ましょう

「お金を支払った途端、連絡が取れなくなった」ようなケースでは、最寄りの警察署に相談されるのが一番です。

弁護士に相談する

反対に「契約のトラブル」「仕事内容に納得がいかない」等は、民事になりますので、弁護士等の法律事務所に相談するのが一般的です。

探偵の協会に苦情を入れる

その他では、その探偵事務所が加盟する団体に苦情を入れるのもお勧めです。

一般社団法人 日本調査業協会

一般社団法人 東京と調査業協会

一般社団法人 大阪府調査業協会

 あくまでトラブルの相手となった探偵社や興信所が所属している協会でないと、あまり積極的に動いてくれない事が多いので、探偵へ調査依頼する際は「ある程度名の通った協会」に所属している事も探偵を選ぶ際に考慮された方がいいと思います。

中には

名ばかりで、ほとんど活動もしていない探偵協会も存在しています

国民生活センターに相談する

「探偵と交渉して、お金を取り返してくれる」まで動いてくれるかは不明ですが、相談なら下記で受け付けています。

国民生活センター

タイトルとURLをコピーしました