浮気調査を成功させるのに必要な探偵は何名?|何人探偵がいれば調査は失敗しない

スポンサーリンク
探偵の調査体制探偵の裏話
スポンサーリンク

浮気調査を成功させるのに必要な探偵の人数

 

スポンサーリンク

何人探偵がいると、浮気調査は成功するのか?

ご存知でしょうか?

警察の捜査では、1人の被疑者の尾行に何十名もの捜査員が投入されるそうです。
それでも失敗する時は失敗するそうです。

しかし、そんなことを探偵興信所がやってしまうと

1日の調査費用が100万円を軽く超えてしまうでしょう

いきなり脅すような事を書いて申し訳ありません。

警察の追う「被疑者」という類の人間は、ある程度「自分は尾行されるかもしれない」と普段から自覚していますので警戒心が半端ないと思います。

これが数十人の捜査員が必要な理由だと思いますが、基本的に探偵の調査ターゲットは

ほとんどが一般市民といってもいい程度の人間です

だから、そこまでの人員は必要ないと思います。

 

浮気調査に必要な探偵は2~4名

結論から言うと、

浮気調査に必要な探偵は2~3名、少し警戒のあるターゲットなら4名ぐらい

が妥当だと思います。

元々、警戒心のないターゲットの尾行は探偵で2名いれば十分で、2名で尾行して気付かれる可能性は限りなくゼロに近いと思います。(もちろん、探偵のスキルが一人前である事が前提ですが)

反対に、「元々警戒心が強い」や「下手糞な探偵が尾行して、警戒心が出てしまった」ようなターゲットに対しては、2名では辛い部分があります。
その際は、4名~6名も探偵を入れれば何とかなると思います。

反対に

「探偵のくせに1人で調査も行けないのか?」

と思う方がいるかもしれませんが、尾行自体は1名の探偵でも出来ると思います。(もちろん、探偵のスキルが一人前である事が前提ですが)

なぜ2名かと言うと、探偵と言えど人間、トイレも行きます。

「まぁたぶん大丈夫だろう」と思っても、探偵がトイレへ行っている間にターゲットが動き出す可能性もゼロではありません。

また、車尾行で「ターゲットがコインパーキングに車を駐車したが、こちらは近くに車を停める場所がない」なんて事態も起こり得るので、そういった際はもう1名の探偵が車を降りてターゲットを追いかけるのです。

なんとなくイメージしてもらえましたか?

 

探偵は何名いてもいいのか?

仲間割れする探偵

では、費用は度外視で、

探偵は多く入れた方が成功率が上がるんじゃ?

って思う人が出てくるかもしれませんが、実際はそうでもないです。
私は現役時代に

最高13名の探偵と共に、東京ー大阪間を移動するターゲットを尾行しました

結果はと言うと、もちろん調査自体は成功しましたが、ここまで探偵がいると「邪魔」でしかなかったです。

探偵の尾行というものは、少々の個人差はあれどだいたい同じような距離で追いかけます。

でも、さすがに14人の男が横に並んで歩いていると奇妙でしかありません。
と言うか、14人並んで歩ける歩道自体があまりありませんし…

結果どうなるかと言うと、ターゲットが今どこを歩いているのか分からなくなる探偵が出てきて、「ターゲット追うのではなく、ターゲットを追う別の探偵を追う」ような事態も発生していました。

売上の8割は全顧客の2割が生み出している」で有名な「パレートの法則」が探偵の調査中にも当てはまってしまった感じでしたね。

まさに「14人探偵が居ても、実際に真剣に調査していたのは2割の探偵だけ」みたいな状態で「別に俺が居なくてもいいんじゃ…」って8割の探偵が思っていたかもしれませんね…

まぁ個人的には、

浮気調査に限るなら、1人のターゲットに対し探偵は多くても6名ぐらいまで

だと思います。

あまり探偵が多すぎても「お金の無駄」でしかありません。