素行調査とは?|浮気調査との決定的な違いとは?元探偵が解説 | 探偵・興信所の選び方|20年の経験を持つ元探偵ならではの選び方とは

浮気調査と素行調査の違い|2つの決定的な違いとは

スポンサーリンク
浮気調査する探偵探偵の裏話
スポンサーリンク
スポンサーリンク

素行調査と浮気調査はどこが違うのか?

探偵社や興信所の調査項目を見ていると、浮気調査ってのは一番目立つように書かれ、その他では「素行調査」という項目も目に付く調査項目でしょう。

現実、浮気調査や素行調査を前面に出している探偵社や興信所は少なくないどころか、ほぼ全てと言っても過言ではないでしょう。

この

探偵業務を代表するであろう、2大調査に違いはあるのでしょうか?

素行調査とは「普段の行動」を調べるための調査

浮気調査とは「浮気の証拠を得る」ための調査

こうやって聞くと、全く違うような調査内容に聞こえてしまいますが、案外、探偵が調査中にしている事はとても似ていたりします。(厳密に言えば、違いますが…)

双方の調査共、やる事といえば

  • ターゲットの尾行
  • 立ち寄り先の確認
  • 接触人物の確認
  • 問題行動の確認(浮気や不正)

等、ほとんどやってる事は同じなんですね。

だから、結論を言ってしまえば

依頼者が欲しい調査結果は違えど、ほぼ調査内容は同じ

探偵の尾行イメージ

と言えます。

そもそも、浮気や素行調査を依頼するんですから、ある程度

ターゲットは「行動に問題がある」人物である

可能性が高いでしょう。
もしくは、

  • 悪い噂がある
  • なんとなく怪しい

なんて人がターゲットとなります。

そして

ほぼほぼ、犯人で間違いないのに証拠が無い

なんて場合にも素行調査の出番となります。

たとえば、

  • 仕事中にサボっている
  • ライバル会社とつながっている
  • 素行の悪い友人と交際している
  • ギャンブルにハマっている
  • 不倫している

ターゲットに上記のような疑いがあった場合、

普段の行動を調査して

問題行動の有無を確認する事
問題行動があった場合、その証拠を押さえるのが「素行調査」になります。

ですから、旦那さんに浮気の疑いがあり、普段の行動を調査するなら、それは「旦那さんの素行調査」になるのです。

なぜか、気付いた時には「浮気調査」という言葉の方が広まっていました。

タイトルとURLをコピーしました