浮気調査の費用が依頼者によって違う理由

安い浮気調査探偵の裏話

浮気調査の費用について

浮気調査の費用は一人ひとり違う?

浮気調査の費用って、どのようにして決まるのでしょうか?

  • 貧乏そうなお客は安く、お金持ちお客には高額な見積もりをする
  • 探偵の気分次第
  • 営業が自分の成績の為にできる限り高額な契約をさせる

これ全部悪徳探偵ですから!

探偵の調査費用、どうやって決まる?

まず、どんなお客さんでも絶対にかかる費用ってものがあります。

探偵の人件費

当然ですよね?

基本的に、探偵の時給は2000円~5000円ぐらいが一般的で、「10000円貰っている」って言う探偵に会ったこともあります。(真偽は不明)

浮気調査には2人探偵を使う事が多いですから、単純に1時間4000円~10000円、高ければ20000円って探偵興信所もあるでしょう。

人件費だけでこれだけ掛かります。

 

調査車輛代

レンタカーを1日借りても1~2万円ぐらい掛かりますよね?

探偵の使う調査車輛も同様かそれ以上の費用が掛かります。

だいたい15000円~20000円ってのが一般的ではないでしょうか?
高ければ、もっと請求する探偵興信所もあるでしょうね。

 

経費

調査に掛かる諸経費は、調査費用に含まれる探偵興信所もあれば、実費請求って探偵興信所もあります。

  • 探偵が現場へ行き帰りに使う交通費
  • 探偵が調査中に使う交通費
  • 探偵が調査中に使うその他経費
  • 写真の現像や動画編集等の報告書作成費

等がこれに当たります。

 

同じ浮気調査でもお客さんによって変わる理由

先ほど説明した「人件費」や「経費」の話辺りでお気づきの方もいるでしょうが、これは「お客さんによって」ではなく「ターゲットとなる人間によって」費用が変わってくるのです。

ターゲットはそれぞれ、移動手段も違えば、利用する駅も違い、勤めている会社だって違うでしょう。
そして何よりも「取る行動」が違う。

また、浮気調査に限った話をすれば

浮気相手も住んでいる場所も違えば、勤めている会社も違う人間です。

ターゲットの会社で張り込みを行なうのであれば、会社の入るビルの規模でも必要な探偵の数が変わってくる事は珍しいことではありません。

3階建ての小さなビルに勤めているターゲットもいれば、30階建てで出入口が3,4カ所もあるようなビルに勤めているターゲットだっているでしょう。

これが、例え調査する時間が同じでも調査費用が違ってくる大きな理由です。

「電話での見積はしません、会ってから詳しいお話を聞いてからでないとお見積りできません」って探偵興信所もありますが、そういった理由があるのかもしれませんね…

でも、「こういった場合なら〇〇〇円で、もしこうなら〇〇〇〇円になるかもしれません」って見積もりなら出来そうですがね。

 

調査費用とは?

ほぼ全ての探偵興信所で

「探偵の人数」「車の台数」「調査時間」で費用は変わる

と言っても過言ではないと思います。

ですから、旦那さんが

  • 大きな会社に勤めている(人員が必要)
  • いつも帰りが遅い(調査時間が長くなる)
  • 車で移動する(車代が掛かる)
  • 営業職で外回りが直帰も多い(調査時間が長くなる)
  • よく出張に行く(経費が掛かる)
  • 警戒心が強い(人員も車も調査期間も多く必要)

って感じなら「無条件で調査費用は高くなる」って事を覚悟しなければならないと思います。

しかし、反対の事を言えば

  • 小さな会社に勤めている
  • 帰宅時間はそんなに遅くない
  • 徒歩で移動
  • 出社しても17時までは必ず会社に居る
  • 警戒心はない

って感じの旦那さんなら上記の方より全然安い費用になると思います。

 

 

だから、旦那さんが上記のような条件の方なのに「もっと人員は4名に増やした方が安心よ」とか「念のため車を用意しておきましょう」って言ってくるような探偵興信所は注意した方がいいかもしれませんね。