探偵社と興信所の違い

興信所の違い探偵の裏話

探偵と興信所の違い

探偵を探す時に「〇〇探偵事務所」や「□□興信所」など、ふと探偵と興信所の違いについて気になった事はないでしょうか。

探偵と興信所に違いはあるのか?

昔はあった探偵興信所の違い

昔なら、

  • 興信所は「企業調査」や「雇用調査」など企業関係の調査や結婚調査など、企業や個人の信用にかかわる調査が主な業務
  • 探偵は「浮気調査」や「家出人捜索」、「人探し」などの地道な調査が業務

というイメージでしたが、年々その違いは無くなってきているように感じます。

興信所は「聞き込み」や「パソコン上や電話」だけで済んでしまうような業務が大半で、探偵は「尾行」や「張り込み」を駆使し、「地道に地道に調査結果を導き出す」感じで、昔は両者の棲み分けが出来ていましたが、探偵が結婚調査をしてみたり、興信所が浮気調査を受けることも珍しくはありません。

それが、最近では「探偵・興信」なんて宣伝文句が普通になったり、探偵が「企業調査します」と言ってみたりと、両者の違いを探す方が難しいように思います。

結論

探偵と興信所に違いはないに等しい

と言えます。

平成17年に施行された「探偵業の業務の適正化に関する法律」においても、ほぼ同じくくりになっていますし、興信所と言えど「尾行」「張り込み」「聞き込み」を駆使して調査するようなら探偵業の届出をする必要があります。