嘘をつく悪徳探偵、虚偽の報告する探偵とは? | 探偵・興信所の選び方|20年の経験を持つ元探偵ならではの選び方とは

嘘をつく探偵|虚偽の報告をする悪徳探偵とその対策

スポンサーリンク
悪徳探偵悪徳探偵
スポンサーリンク
スポンサーリンク

虚偽の報告をする悪徳探偵

調査依頼をして、本当の調査結果を報告しない探偵社や興信所が存在しているのをご存知でしょうか?

  • 浮気相手と接触してラブホテルへ行ったのに、同僚と飲み歩いていると報告
  • 会社から出てきたのに、まだ会社から出てこないと報告
  • 3名の探偵で調査する契約なのに、実際は1名の探偵しか現場に来ていない
  • 別居中のターゲットが真っ直ぐ帰宅したのに、まだ帰宅していないと報告
  • ターゲットを見失っているのに、尾行中であると報告

など、これらは悪徳業者がよくつく嘘です。

もし、これが本当の話なら一般の方の「探偵のイメージ」が更に悪くなるかもしれませんね…

これらの虚偽の報告に共通する点としては

虚偽の報告の部分の「映像」や「写真」がない

ってことです。

だって、見失っていればターゲットを撮影のしようがありませんし、ターゲットが浮気相手とラブホテルに入っているのに同僚と飲み歩いている映像を撮る事は不可能ですよね?

言い訳としては、

「問題の無い行動なので、撮影していません」

です。

お客さんの中には、

最初は調子よく撮影していたのに、途中から急に映像が途切れてしまった

ことを不審に思い、その探偵に見切りをつけ他の探偵興信所探す方もおられます。

また、受け取った報告書に「極端に写真や映像が少ない」のであれば、少し疑問を持ってもいいと思います。

各探偵社や興信所で「撮影するポイント」は違うと思いますが、もし同僚と食事しているなら

「どういった人物と食事をしているか」ぐらいは撮影すべき

だと個人的には思ってしまいます。

でも

探偵経験者として

「うわぁぁぁぁ今のシーン撮れなかった(撮れてなかった)」って事も時々ありますがね‥‥

では

なぜ、悪徳探偵は嘘をつくのか?

悪徳探偵

探偵の嘘が生まれる理由は「大きく分けて2つ」だと思います。

一つは

自社のミスを隠すため

探偵の調査のは

  • ターゲットを見失ってしまう
  • 撮影できなかった

という事は稀に起こります。
もし、未熟な探偵が調査を行なったのなら、もっと頻繁にこれらが起こるかもしれません。

このような場合に、自社に責任があるのなら

正直にミスを認めて、謝罪する

ってのが誠実な探偵なんでしょうが、やはりあるんですよね…

失敗を「なかった事にする」

悪徳業者の存在が…

しかし

探偵側に立ってみると、たとえ探偵に責任がなかったとしても、調査で失敗が起こったら

  • 納得しないお客がいる
  • 「金返せ!」っていうお客さんもいる

などで面倒なことを避けたいので、こういった嘘が生まれるのでは?と思ってしまいます。

探偵業界の噂

中には

現場の探偵が失敗して、会社に虚偽の報告をする

ことによって、とんでもないトラブルになったケースもあります。

会社としては「自社の探偵を信用」しているので、そのまま報告したもののお客さんが納得せずにトラブルに…

会社も「おかしい」と思って担当者を追求した結果、自社の探偵が嘘の報告をしていた事が判明して、その後お客さんに平謝りしたってお話もあります。

でもね‥‥

悪徳探偵なら「どんな苦しい言い訳をしても」自社の非は認めない

と思いますよ。

そして、もう一つが

お金のため

悪徳探偵

わかりやすいですよね?
まさに「悪徳探偵の王道」をいく感じでしょうか。

たとえば浮気調査において、調査1日目で浮気の証拠が撮れたらどうでしょうか?
お客さんにとっては「良かった!」や「ヤッター!」ってのが正直な感想ではないでしょうか。

でも、

それでは「金儲けにはならない」と考える探偵事務所も存在するんですね

でも、ほぼ全ての探偵社や興信所の代表者なら、「1日で証拠撮れちゃったよ…くそ!

が本音のようです。
私も現役時代、経営者って立場なら思ったかもしれませんね…

問題は、

そのまま正直に報告して、心で泣きながらお客さんに「良かったですね~」って言うか、

「そうはいくか!」って感じで虚偽の報告をするかのどちらかです。

では、どうすればいいのか?

虚偽の報告を防ぐ方法

怪しい探偵契約書

やはり大切なのは契約時です。
「最初が肝心」って言いますもんね?

浮気調査を依頼して、「旦那さんが同僚と居酒屋で食事をしている」映像や写真は、浮気調査では全く意味のないものですが、探偵とトラブルを防ぐにはこういった「調査中にターゲットの起こした行動」も撮影してもらえるかどうか確認しておいた方がいいでしょう。

契約時にそういった約束をしたにもかかわらず、途中からパタッと映像が途切れたのであれば、

調査中に「何かあった」と考えるべき

だと思います。

もし、そういった調査報告書を受け取ったなら、なぜそうなったか徹底的に説明してもらいましょう。

何を隠そう、私も新人探偵時代に

あちゃ~見失っちゃったよ~どうしよ?」ってなった事が何回かありましたので、

虚偽の報告をする探偵の気持ちが全くわからないわけではありません

でも、嘘ついてお客さんからお金を貰ったら詐欺になりますから絶対ダメですね‥‥

タイトルとURLをコピーしました