調査費用の比較|探偵興信所の選び方 まとめ

スポンサーリンク
探偵費用の高い安いの違い探偵の選び方
スポンサーリンク

調査費用で探偵興信所を選ぶ際の注意点

世の中、欲しいもの、利用したいサービスが

「安ければ安いほどいい」って思っている人は少なくありませんよね?

しかし、中には「安かろう悪かろう」って事で、安物や安いサービスには「裏がある」と感じ敬遠する人もいます。

価値観は人それぞれなのは
当たり前ですね?

スポンサーリンク

探偵興信所の調査費用の幅はすごい

各探偵興信所では

  • 1時間〇〇〇円の格安探偵社です
  • 1日□□万円で浮気調査が依頼できる
  • 追加費用はゼロ円
  • 証拠が撮れなければ料金は頂きません

なんて様々なフレーズで自社をアピールして、何とかお客さんに来てもらおうと頑張っていますよね。

しかし、探偵興信所に調査依頼すると

最初は安く見積もって、後から高額請求をする

ってイメージを持っている人も居るかもしれませんが、昔のように

あとから「追加費用は50万円になります」的な業者は、ほぼほぼ絶滅したのではないかと思っています。こんな事してたら長く会社は続きませんし。

しかし、昔は全般的に調査費用が高めの業者が多かったのが、最近では費用の高い探偵と安い探偵の差がかなり広がっているように感じます。

「1時間1,980円」って宣伝している探偵社もあれば、「1時間5万円です」と平然と言ってのける興信所も普通に存在しています。

一般の人からすれば、1980円と5万円の差って、ちょっと理解しがたいですよね?

安い探偵と高い探偵の違い

では、安さを売りにしている業者、高い業者、どちらが良いのでしょうか?

安い探偵興信所とは

  • 安い費用でも経営が成り立つ
  • そもそも、安さはお客さんを釣るエサ
  • なるべく安い費用で調査を提供したい

って辺りでしょうか。反対に

高い探偵興信所

  • 調査のクオリティが高い
  • 会社の維持費、広告費に莫大な費用をかけている
  • ただのボッタクリ

個人的には「高い費用を請求しないと、会社として成り立たない」や「調査費用を下げないとお客さんを獲得できない」なんて双方の本音が透けて見えるような気がします。

 

本当の意味での調査費用の比較

安い浮気調査

探偵選びで避けたいのは

  • 安いと思っていたのに、実際の見積もりは高い業者
  • 自分予算を大きく超えるような業者

言うまでもありませんが、安い費用でお客さんを集めておいて、実際に来社すると相場以上の見積もりをするような業者、1日の費用が予算を大きくオーバーするような業者を選んでしまっては、あなたの探偵選びは失敗と言えるでしょう。

 

調査費用を比較する際、重要なのは同条件での見積り

ただ「1時間 2000円です」と言われても、それが何人の探偵で調査するのか?わかりませんよね?

1時間2000円なら3時間だったら6000円だから自分でも依頼できそう

となっても、あなたの調査依頼には「探偵が2名、3名」必要かもしれませんし、調査に車が必要になってくるかもしれません。

だから、単純にホームページを見て「A社は1時間2000円」で「B社は1時間3500円」だからA社の方が安いと判断するには少し早いかもしれません。

大切なのは

  • 何時間、何日間の調査するか?
  • 探偵は何名で調査するのか?
  • 調査に車輌が必要な際の台数

これらを揃えて見積もりを出してもらうだけで、公平に調査費用の比較ができるのです?

電話での見積もりを受けてもらえない?

では、実際に探偵興信所に出向いて見積もりを出してもらいましょう。

しかし、中には巧みな話術で契約させられてしまう人もいますので、出来る限り強い意志を持って出かけましょう。

なんだったら、知人、友人に同行してもらうのも賢いやり方です。

 

一般的な浮気調査に必要な調査体制は?

実際に「同じ条件で見積もりを出してもらえ」って言われても、あなたの依頼する調査に何人の探偵が必要なのか?なんて初めての人ではわかりませんよね?

一般的な浮気調査、素行調査のような尾行調査であれば、ターゲットとなる人物に警戒心がないことが前提になりますが

  • 仕事帰りに調査するなら5~6時間程度
  • 探偵は2~3名
  • ターゲットが自家用車を使うなら調査車輛1~2台

で十分だと思います。

はっきり言って、

平均的な調査力を持つ探偵なら2名いれば、十分に5,6時間の調査には対応できます。

もちろん、人員や台数を増やせば安心感は増えるかもしれませんが、その分費用も増えてしまいます。

これで公平に各探偵興信所の比較ができるのはないかと思います。

 

間違った選び方をするどうなる?

間違った探偵選びの結果

答えは簡単

2社目、3社目の探偵興信所を探すことになります。
しかも、大切な時間やお金を無駄にした後にです。

また、1社目に依頼する前に比較対象の業者に出向いたり、新たな業者を一から探す必要が出てきます。
面倒臭いですね。

個人的には

探偵興信所選びで失敗する方は少なくはない

と感じています。

費用も予算内、調査力も申し分ないなら、2社目を探す必要はありませんよね?

しかし、私が在籍していた中堅や個人経営の探偵興信所に調査依頼を経験したお客さんが結構な数流れてこられてました。

探偵選びなんて、初めてだからわからない?

じゃあ、ちょっとは探偵業について調べましょうよ?

少しネットを調べれば

  • 住所が存在しない
  • ヤラセの口コミが多い
  • ネットの掲示板で悪評が立っている

など、少しでもご自身が「おかしい」と感じるようなら、その探偵興信所への依頼は見送ればいいだけです。

それでも、まだかなりの業者数があると思いますので、逆を言えば選び放題。

何社かの業者で費用を比較して

1番誠実そうな業者から値引きでも引き出せれば、あなたも探偵選びの上級者になっているかもしれませんね。

 

 

探偵興信所の追加料金|お客さんが恐れる追加費用の正体
探偵興信所の追加費用ってどういったものがあるのでしょうか?延長料金、交通費、報告書の作成費、機材の使用料等、探偵はどの費用で儲けているのか?一つだけ言える事は「事前に説明のない追加料金はダメ」って事です。経験豊富な元探偵が追加料金や選び方について解説いたします。
探偵とインターネット上の書き込み
探偵の掲示板の書き込みは信用できるのでしょうか?これ以上悪徳探偵の被害者が出ないように真面目に書き込まれている方もいれば、ただ同業者が「気に入らない」って理由だけでデタラメな書き込みをしている可能性もあります。探偵歴20年の元探偵が掲示板の書き込みについて解説いたします