探偵御用達の護身用グッズ

探偵の選ぶ護身用グッズ

探偵でも護身用品は持っていて損はしない

探偵は危険な職業か?のページでも書きましたが、やはり探偵は一般の方よりはトラブルに巻き込まれる可能性が高くなります。

私が勤めていた探偵事務所でも、女性探偵に対しては「催涙スプレー」を支給していましたし、男性探偵でも心配性な者はバッグに催涙スプレーを忍ばしている人間も居ました。

ですから、一般の方でも「万が一に備える」というのは決しておかしな事ではありません。

護身用グッズとはいえ、法律に触れる場合もある

「自分の身を守るために護身グッズを持ってて何が悪い!!?」

と思われる方もいるかもしれませんが、法律上は自分の身を守るからといって、どんな護身用品を持ち歩いても良いわけではありません。

軽犯罪法では

正当な理由なく武器などを持ち歩いてはならない

とあります。

護身用品と言えば、スタンガンや特殊警棒、催涙スプレー等を思い浮かべるかもしれませんが、どれも武器だと言われれば武器に当たるかもしれませんし、護身用品だと主張すれば認められる場合もあります。
法律なのに、すごく曖昧ですよね?

この辺りは警察官によっても意見が分かれるところで、見るからに「危なそうな人間」が警棒を所持していたら捕まるでしょうし、か弱そうな女性がスタンガンを所持していても問題にしない事の方が多いと思います。

私も車にバールを積んだ状態で「職務質問」を受けた経験があり、「車の整備のため」と主張し、他の工具も積んでいたため問題にならなかった事がありました。
きっと、バールだけを積んでいたら危なかったと思います。

護身術

最終的な判断は自分で

警察の意見としては、「危ない目にあったら110番しない」としか言えないのが実情

でも、警察官なんてそんなすぐに来てくれませんし、携帯電話を取り出して110番する暇もないかもしれない。

そんな状況で、あなたは「警官が来るまで凌ぐ」か「脅威を与える相手を追っ払う」か「その場から逃げ切る」必要があります。

ましてや、屈強男性相手に対して丸腰の女性がそれをやり切るのは、非常に困難と言わざるを得ません。

結論としては

「護身用品を持ち歩くリスク」と「その護身用グッズで得られる安全」を考えて、ご自身で判断してもらう

としか言いようがありません。

しかし、間違いなく言えるのは、「クスリの売人」のように警官を見た瞬間逃げ出したりせず、警察官の質問や要請に素直に従っていれば、たとえバッグからスタンガンが出てきても逮捕されるような事はないでしょう。

個人的には、ある程度離れた場所から使え、バッグに入れても邪魔にならない「催涙スプレー」がおすすめかと思います。

元探偵がおすすめする護身用グッズ

昔ながらのマグライト。
このマグライト「6 D.CELL」は、警棒代わりにも使え「最強のマグライト」と呼ばれています。

私も車に1本積んでいます。
警察に停められても「懐中電灯だ!」って言えますからね。
最強の護身用グッズだと思います。

女性にピッタリの護身用グッズ