不貞行為の証拠とは|浮気の証拠と不貞の証拠の違い

不貞行為の証拠探偵の裏話

不貞行為の証拠と浮気の証拠の違い

不貞の証拠=浮気の証拠??

同じように思われるかもしれませんが、実際は違います。

 ・2人っきりで食事をしていた
 ・手をつないで楽しそうに歩いていた
 ・キスしていた

これらは、浮気の証拠でしょうか?
それとも、不貞の証拠になるのでしょうか。

答えは、残念ながら全て不貞行為の行為にはなりません

人によっては、女性と2人っきりで食事は「アウト」と言う方もいれば、「ギリギリセーフ」とおっしゃる方もいるでしょう。

「キスはアウトだろ!」とおっしゃる人もいるかもしれませんが、残念ながら不貞行為にはあたりません。

そうなんです!

浮気の証拠は、人によって違ってくる可能性がありますが、不貞の証拠はある程度決まったものになってきます。

ズバリ言ってしまうと

2人の間に肉体関係があると推測できるもの

になります。
この条件を満たさないと「不貞行為の証拠」とは認められません。

先ほども書きましたが、キスはグレーゾーンに思われるかもしれませんが、不貞行為ではありません。
浮気にはなるかもしれませんが…

ですから、慰謝料請求を考えている方は、旦那さんと浮気相手に肉体関係があると思われる証拠を掴まなければなりません。

 

具体的な不貞行為の証拠とは?

温泉に不倫旅行

代表的な不貞行為の証拠

 ・ラブホテルの出入り
 ・浮気相手宅への宿泊
 ・温泉旅館等への宿泊
 ・カーセックス 

が有効な不貞行為の証拠といわれています。

1.ラブホテルへの出入り

一般的に、いわゆるラブホテルと呼ばれるホテルは「そういった行為をする場所」と認識されていますよね?

だから、「ラブホテルへ出入りしている」というのは、これ以上ない不貞行為の証拠といえます。

もしも「自分で不貞行為の証拠を撮ってやろう!」ってなった方は、ラブホテルの駐車場に旦那さんの車が停まっているのを写真に撮っても「ちょっとした証拠」になります。

でも

本当に必要なのは「旦那さんと浮気相手がホテルから出てくる場面」の写真になります。

2.浮気相手の自宅に泊まる

「不倫相手の自宅に泊まる」というのも代表的な証拠です。

ラブホテルと違って「数時間の滞在」では有効な証拠にはなり得ませんが、宿泊となると話は変わってきます。

「一つ屋根の下に男女が2人っきりで泊まる」のは、やはり異常な事態ですよね?

「1日では少し不十分」って仰る弁護士さんもいますので、複数回の証拠を撮っておけば弁護士さんも文句はないでしょう。

3.温泉旅館等での宿泊

これも2番の「浮気相手宅に宿泊する」と似ていますが、

  1. わざわざ「旅館を予約」して
  2. 2人で遠方に出掛けて
  3. 2人っきりで宿泊する

わけですから

相当2人の関係が親密(=肉体関係がある)と見なされると思います

4.カーセックス

カーセックスに限らずですが、肉体関係が直接確認できるものが証拠になるのは当然です。

しかし、部屋や車に隠しカメラを仕掛けての証拠撮影は、プライバシーの侵害にあたる場合もありますので注意が必要です。