証拠があると出来ること|探偵が撮影した証拠で何ができる?

証拠とは探偵の裏話

証拠があると無しで変わること

証拠とは?

「証拠(英語でevidence)とは、ある命題の真偽や存否を判断する根拠となるもの」とWikipediaで説明されています。

そもそも

なぜ、これほど「証拠!」「証拠!!」と言われるのででょうか?

 

証拠が無ければ、苦しい言い訳でも逃げられる

たとえば、旦那さんのスーツから怪しい「2名で食事をした」という高級レストランの領収書が出てきたらどうでしょう?

厳密に言うと、領収書では証拠とは呼べませんが、奥さんなら「2人って誰と行ったの?」と旦那さんを問い詰めることぐらいはできるでしょう。

しかし「2人で高級レストランで食事をしたこと」はほぼ間違いないにしても、さすがに「誰と」までは旦那さんにしかわかりません。

そう、「2人で高級レストランに行った事」は否定できなくても、「誰と行ったか」は自由に偽れるのです。領収書には「誰と行った」までは書いてませんからね。

 

証拠があれば、あなたは強くなる

浮気調査する探偵

しかし、上記のレストランの領収書にプラスして

「旦那さんと女性が楽し気に食事をしている」写真が1枚あったら

どうでしょう?
もちろん、その領収書と同じ日付の写真です。

さらに、当日旦那さんは終電で帰宅しましたが、食事をしていたのは20時ごろです。

食事後の「3~4時間何をしていたのか?」と尋ねても、「その女性とは別れて、友人と飲みに行っていた」と言われれば、それ以上は言えないのではありませんか?

そこで更に

旦那さんと女性がホテルへ出入りする写真があったら

どうでしょうか?

すでに、これほどの写真があるのなら「酔って気分が悪くなったから2人で休んでいた」なんて言い訳は通用しなくなるほどの証拠になっています。

もし、その証拠を旦那さんが覆そうと思うなら

ホテル内に滞在している間、カメラを回し続けて「一切、肉体関係やそれらに類する行為はしていない」って証拠を提出しなければなりません。

世間的には「ラブホテル=そういう行為をする場所」と認識されているので、「ただ休んで居いた」のような言い訳だけでは、ホテルの出入りの写真には打ち勝てません。

 

決定的な証拠は「言い訳」を許さない

土下座する浮気夫

証拠の使い道は「防衛」「攻撃」なんでもあり

そもそも「浮気相手とホテルへ行った」って証拠がある時点で、もうどこでだって言い訳は通用しません。

更には、怪しいレストランの領収書程度では難しかった慰謝料請求が、確固たる証拠があることにより可能になってきます。

もちろん、夫婦関係の場合「有責配偶者からは離婚を申し立てられない」というのもありますので、旦那さんは

  • あなたにも許してもらえない
  • 離婚して浮気相手の元にも行けない

ような半殺しのような状態で結婚生活を送らなければなりません。

反対に、あなたは旦那さんの弱みを握ったまま

  • 旦那さんと浮気相手に慰謝料請求をして離婚
  • 旦那さんと浮気相手に慰謝料請求をして結婚生活を続ける
  • 浮気相手にのみ慰謝料請求する
  • 一生尻に敷く

といった感じで

証拠がある事で、多くの選択肢の中から選ぶことができるようになります

もちろん、浮気の証拠が手に入ったからといって、すぐに離婚や慰謝料請求を考える必要もありません。

ですが

証拠は「武器」。使い方はあなた次第

もちろん、武器ですから「すぐに撃ち殺しても」結構ですし、武器を使って「何かを要求」しても構いません。

撃たれたくなかったら、金を出せってね。

でも、反対に言えば「証拠が無ければ、何も言えない」とも言えなくはありませんが…