探偵選びの失敗とは?大きく分けて探偵選びの失敗は〇〇で防げる?

スポンサーリンク
探偵に騙された悪徳探偵
スポンサーリンク

探偵選びの失敗

スポンサーリンク

探偵選びが「失敗したかな…」と感じる時

今回は「探偵選び失敗」と題して、探偵興信所に依頼したものの「この依頼は失敗だったかも…」と感じられたお客さんの意見をご紹介します。

今回は、あくまで「探偵選びの失敗」なので、「調査が失敗した」ようなケースは除外させてもらいます。

 

お金を支払ったのに調査してもらえない

こういったケースは絶対数は減ったものの、まだまだ定期的に探偵興信所の業界団体や協会に寄せられる相談です。

  • 支払いは完了しているのに、いつまでも調査に入ってくれない
  • 調査は完了しているのに、いつまでも報告書が貰えない

このようなケースでは、協会が探偵興信所とお客さんの間に入り、返金や調査指示等を行なう事が多いですが、お客さんからすれば「時間の無駄」以外の何物でもありません。

 

思っていたよりも調査費用がかかってしまった

調査費用が高額になった

探偵の費用で、契約時の料金より高くなってしまう事は珍しくはありません。

たとえば、1日10万円の浮気調査を依頼して、1日で証拠が撮れなければ、「じゃあ、もう1日」となりますよね?
既に、この時点で最初の費用の2倍になってしまう計算ですね。

10時間の調査を依頼して、調査が10時間を過ぎてしまうと、またここで調査費用が増えていきます。
そう、「延長料金」って奴ですね。

中には、契約時に大した説明もせず、調査後に「色々経費がかかりまして…」って感じで「よく分からない」追加請求をしてくる悪徳探偵事務所もあるようです。

こういった追加請求は証拠が撮れている時に多く、お客さんも証拠が欲しいもんですから泣く泣く支払ってしまう事が多いようです。

まさに「足元を見る」って感じでしょうか?

「実は、調査報告書の作成費は別でして…」のような被害に遭わないよう、契約時に追加請求に関する事は「これでもか!」と言うぐらい確認しておいた方が賢明です。

なんなら契約書内に明記してもらうぐらいが丁度いいのかもしれません。

 

成功報酬を謳っているのに、成功報酬で契約させてくれない

これはしようがないような気もしますが、お客さん側に立ってみると「騙された」と感じてしまうんでしょうかね…

探偵側に立ってみると、

浮気の証拠が撮れそうにない件を「成功報酬」で受けるのは危険この上ない

と思います。

経験上、相談者の中には思い込みの激しい方も一定数いらっしゃいました。

「主人が浮気しているのは間違い」と仰っていても、具体的な材料を提示してもらえないお客さんに対して、成功報酬プランで契約しないのは頷けます。

ただ、あくまで「成功報酬制」はお客さんを釣るエサであって、元から成功報酬で調査依頼を受ける気すらない探偵興信所があるのも事実です。

成功報酬でお客さんを釣って、高額な時間単位のプランを契約させるのは論外ですね

どのトラブルにも言えることですが

契約の段階でよく確認する

ことである程度の被害は防げます。

そこそこの費用がかかってしまう調査依頼ですので、「いい人そうだから」では済ませず

  • 「どういった場合に追加費用が発生するのか?」
  • 「最短で何日で調査に入ってもらえるのか?」
  • 「契約金額に含まれない費用」

ぐらいはちゃんと確認しておくべきだと思います。